講演会の紹介

講演会「自動運転システムの高齢過疎地域への導入に対する期待と課題」

※ これは「長野県工業技術総合センター 環境・情報技術部門」のイベントの紹介です。

現在、石川県珠洲(すず)市の市街地において、自動運転自動車の公道走行実証実験が実施されています。この実証実験は国内の大学で初となる試みとして、金沢大学が2015年2月から実施しているものであり、珠洲市をはじめとして高齢過疎化により公共交通機関が不足する自治体に、自動運転システムを導入することで、公共交通空白地帯の解消を目指しています。
講演では、金沢大学が開発している自動運転システムと実証実験の概要についてお話しいただきます。また、公道走行実証実験から得られた課題と将来に向けた期待について、あわせてご講演いただきます。
多くのみなさまのご参加、お待ちしております。

日時:平成29年4月20日(木) 13時30分~15時
場所:長野県工業技術総合センター環境・情報技術部門 2階研修室
講師:金沢大学 新学術創成研究機構 未来社会創造研究コア 自動運転ユニット ユニットリーダー 准教授 菅沼直樹 氏
対象者:県内企業の皆様、県内にお住まいの皆様
定員:30名(先着順)
参加費:無料
主催:長野県工業技術総合センター
共催:公益財団法人長野県テクノ財団 アルプスハイランド地域センター
長野県知的産業技術研究会

【お問い合わせ先及び会場案内】
長野県工業技術総合センター環境・情報技術部門 情報システム部 (担当)窪田昭真
〒399-0006 松本市野溝西1-7-7 TEL:0263-25-0790(代)

カテゴリー:お知らせ